【春日】こどもの習い事に最適 | ゆりこバレエスタジオのコンクールに出たい!!

  • mixiチェック

コンクールに出たい!!

■2015/08/07 コンクールに出たい!!
コンクールに出たい!!
こんにちは(^^)
今日のブログは最近たくさんの方々から相談を受けている『コンクール』のことです。

以前は少数精鋭でメンバーを決めていたのですが

昨年の発表会後に、みんなのやる気に火がついて9名で挑戦しました。

参加の条件は…

1. 『ヤル気』のある子

2. 家族の応援がある子

この2つでした。

初めての挑戦でも『本気で一位を目指す!!』

と目標を立てて挑みました。

バレエが好き。楽しい。それだけでは通用しないのがコンクール。

自分の欠点や弱点と向き合い克服していく練習の繰り返しです。

コンクールが終わると、それぞれが練習を始めた頃とは比べものにならない程、踊りだけでなくバレエに向き合う真摯な姿勢も身につけてくれました。

それがいい刺激になったのか、『私も出てみたい』と続々と相談を受けています。

一番多い相談。

『うちの子でも出れますか』

よく聞かれますが、出るだけなら誰でも出れます。

ただ、コンクールに出て結果が悪いととても悲しく、バレエが嫌になるかもしれません。

それを避けるため、私も全身全霊を込めて指導していきます。

私はいつも生徒達に話します。

『一位を獲る子は練習量も努力も一位なんだよ』と。

足が痛い、疲れた、今日は遊びたい…色々思うことがあっても

そんな弱音を吐かないで練習に打ち込める子がコンクールに出れる子だと思っています。


そして大切なのは家族の応援。

もちろん経済面でもそうですし、せっかくの休日に家族でお出かけしたいなと、思っても快く練習へ送り出してくださること。

また、体調管理や栄養バランスを考えた食事など、サポートも大変だと思います。

それから『絶対○位にならないとバレエを辞めさせる』というのだけはご遠慮いただきたいと思います。

コンクールはゴールではありません。コンクールで1位になったからプロになれるとは限らないことは周知の事実です。

コンクールは本気でバレエを練習する“きっかけ”にすぎません。

バレエは客席からみると華やかで簡単そうに見えるかもしれませんが

舞台に上がるまでの過程、コンクールの練習はとても厳しいものです。

トウシューズを履いて、小中学生がつま先から血を流して練習し続けています。

つま先が痛いはずなのに心臓の鼓動が全身に響くほどの痛みです。

それほどの練習に耐え、足が震えるほどの緊張のなか、広い舞台で一人で踊るという経験をした我が子の努力の成果を讃えてあげて欲しいです。


長くなってしまいましたが、このブログを読んでいただき

家族会議の上、強い決意と情熱を持たれた方と一緒に、私も歩んでいきたいと思っています。

春のコンクールは10月から練習スタートです。応援よろしくお願いします\(^o^)/




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
ゆりこバレエスタジオ
http://www.yuriko-ballet.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県春日市紅葉ケ丘西2-53
TEL:092-572-4549
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/G8xpLw
Twitter:http://goo.gl/foZkra
アメブロ:http://goo.gl/hkzLh5
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

新着一覧